本文へジャンプ


ごみ広域化について


平成30年8月からごみ処理広域化が始まりました

 

 北アルプス広域連合は、8月から大町市・白馬村・小谷村の3市村から出されるごみの広域処理が始めまりました。

 ごみ処理広域化に伴い、8月から変更となった点についてお知らせします。

 

8月からココが変わりました

 

★その1 指定ごみ袋

  8月から3市村及び白馬山麓環境施設組合の指定ごみ袋は、北アルプス広域連合が作成する新たな指定ごみ袋に統一され、8月1日から販売開始。現在の指定ごみ袋は8月以降も引き続き2年間(2020年7月31日まで)使用できます。

 

【指定ごみ袋の種類】

区分

可燃

不燃

(金属類)

事業系(可燃)

大袋

中袋

小袋

大袋

中袋

小袋

大袋

容量(ℓ)

45

30

20

45

30

20

45

サイズ(㎝)

65×80

50×70

50×50

65×80

50×70

50×50

65×80

参考

価格

495

344

253

545

375

275

795

指定ごみ袋は、10枚1組となります。

参考価格は、大町市の現在の販売価格と同程度となります。

 

白馬村・小谷村の変更点

 ・不燃指定ごみ袋には、小袋が導入され、不燃(金属類)となります。不燃(金属類)指定ごみ袋及び引き続き使用できる現在の指定ごみ袋には、ガラスびん、瀬戸物・ガラスくずを入れないようお願いします。(白馬山麓環境施設組合の持ち込み専用の不燃ごみ袋も金属類のみとなります。

 ・事業者の方は、事業系指定ごみ袋の使用をお願いします。(現在の指定ごみ袋は8月以降も引き続き2年間(2020年7月31日まで)使用できます。)

★その2 分別区分を統一

8月から、分別区分を23品目に統一されます。23種類の品目に分別し、燃やすごみを減らしましょう。分別収集にご協力をお願いします。

 

・分別区分表

区分

品目

燃えるごみ

可燃ごみ(指定袋)

可燃ごみ(指定袋以外)、可燃性粗大ごみ

資源物
(リサイクル物)

プラスチック製容器包装

白トレイ

ペットボトル

ガラスびん

ガラスびん(無色)

ガラスびん(茶色)

ガラスびん(その他の色)

古紙類

段ボール

新聞

雑誌

雑がみ

衣類・布類

廃食用油

小型家電

燃えないごみ

不燃ごみ(金属類)(指定袋)

乾電池

蛍光灯・蛍光ランプ

水銀式温度計・体温計

瀬戸物・ガラスくず

 

次の物は、各市村が引き続き処理を行います。

 ・不燃性粗大ごみ(金属類)

 ・特定家庭用機器

 ・豆炭灰、ブロック屑等

  • 収集業務、粗大ごみ、リサイクル物のお問合せは各役場へお願いします。
    白馬村役場 住民課(電話85-0715)
    小谷村役場 住民福祉課(電話82-2581)
  • 布団・シート・廃材は受け入れできませんので、村の分別に従い出してください。



ごみ・リサイクル物の収集について

PDF

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerがインストールされていない場合は、上のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。




白馬山麓事務組合
長野県北安曇郡白馬村大字北城7025(白馬村役場内)
TEL:0261-85-5585(直通)/FAX:0261-72-7001(代表)
 E-MAIL:5200@vill.hakuba.lg.jp
©2018 Hakubasanroku jimu kumiai all rights reserved.