施設について

クリーンコスモ姫川の運転管理について

 クリーンコスモ姫川では、運転保守管理、修繕業務、ユーティリティー管理など、平成29年度より5年間長期包括で実施することになりました。長期包括は、施設も20年以上が経過し、今後増えることが見込まれる整備補修費を、長期包括という手法を取り入れることのより、単年度ごとの整備でなく、5年間と長期の整備により抑制するものです。委託期間は、平成29年度から平成33年度の5年間、総額648,000千円、受託者住友重機械エンバイロメント㈱(住重環境エンジニアリング㈱は、吸収合併により消滅)で行い、搬入量や使用料など清算基準を設けて行って参ります。
 


クリーンコスモ姫川汚泥焼却設備廃止について

  クリーンコスモ姫川は、施設稼働以来今年で20年、排ガス対策工事を行ってから13年が経過しています。排ガス対策を行った平成13年は搬入量も多く、脱水汚泥の運搬処分費に係る経費が掛かるという事で排ガス対策工事を行いました。現在は、搬入量が減少、汚泥焼却設備の補修費の増加、燃料価格の高騰と、汚泥焼却を継続するより脱水汚泥を外部搬出した方が経費節減になるとの判断で汚泥処分の方法を変更しました。
 平成26年の工事では、コンベヤ一部と灰ホッパーを撤去し、コンベヤ2基設置して脱水汚泥を外部搬出する工事を実施しました。
 平成28年3月をもちまして、休止中であった汚泥焼却設備は廃止といたしました。外部搬出され民間業者等により処理されています。

            【改造前】                         【改造後】
      
  




クリーンコスモ姫川処理方法

 

※焼却施設は廃止いたしました。